Press Release / January 19 2016

新作「マネdeキン」発表にあたって

・人間の形をし、人間の代役に甘んじてきたマネキン人形の挑戦を軸にした作品
・動画、フィギュア、インスタレーション等でのミクストメディアで展開予定
・シュールな切り口で描く人間と人型の造形物との掛け合いに
 昨今進化が顕著なAIやアンドロイドのメタファーを忍ばせる

mannedequin01.jpg

mannedequin08.jpg

この度エコードワークスは
"人間には真似できないマネキン技を駆使するマネキン人形” の新キャラクター、
「マネdeキン」を発表しましたのでご案内致します。

1.作品詳細
・ストーリーと設定
 ある時1体のマネキン人形がふと気づいた。「なぜ我々は人間の代役に甘んじているのか?我々の方が色々優れているのに!」と。マネdeキンとは、人間には真似できないマネキン技を駆使するマネキン人形の総称である。彼らはマネキン界と人間界の地位逆転を図り、ついにはマネキン技で人間に挑戦状を叩きつけた。高度な技の数々で優越感を抱くマネdeキンであるが、その殆どは人間にとってどうでもいいポージングばかりである(今はまだ…)。人間と人型の造形物との噛みあうことなき争いの行く末やいかに―。
 公式サイトでは現時点で14種のマネキン技を公開中。
  ・超背伸び・超土下座・上上水平・あなただけみつめる・ソファ&ベッド・上覧の舞・ホールドヘッド
  ・お手頭・天の川大橋・三頭龍・股間目視・臀部目視・上体プロペラ・下半身取りゲーム

・動画作品:マネdeキンTV
 マネdeキンTVは60秒でマネキン技を紹介するレッスン番組。マネキン技を駆使することでカリスマ的人気を誇るマネキン界のエリート"マネdeキン"が出演し、パンピーマネキンたちにマネキン技のコツを伝えていく。1体でも多くパンピーマネキンをマネdeキンへと成長させ、マネキン界全体のレベルを上げることが本番組の役割である。
 現在3話までを公開。今後実施予定のクラウドファンディング次第で続編を制作予定。

 マネdeキンTV #01.超背伸び   https://www.youtube.com/watch?v=IxWGqULLl5Q
 マネdeキンTV #02.臀部目視   https://www.youtube.com/watch?v=1eBciKDDI7Y
 マネdeキンTV #03.上体プロペラ https://www.youtube.com/watch?v=aQkm9b8S9TI

・カプセルトイ:マネdeキン
 マネキン技6種 × ホワイト・シルバー2色の全12種
  超背伸び、あなただけみつめる、ホールドヘッド、上覧の舞、超土下座、ソファ&ベット
 1回200円
 1月下旬より全国のカプセルトイ売り場にて順次リリース予定
 販売元:有限会社シャイング

2.制作背景(作者コメント)
 昨今は自動運転車や家庭用人型ロボットの実用化が報じられ、AI(人工知能)やロボットの進化が顕著に感じられるようになりました。それに伴い、AIは感情を持つのか否か、AIが人間の脳を超える特異点はいつ訪れるのか、ロボットが人間の雇用を奪うのでは、といった議論も活発になっています。一方でそれらはまだどこかSFチックでテレビの中の話に見え、日常生活の中ではまだまだ現実味を持って受け入れられていないと感じます。
 そこで今回は「近未来のAI×人型ロボット」を「自我を持ったマネキン人形」に見立て、一見シュールな切り口で「人間」と「人型の造形物」との掛け合いを描く作品を制作しました。マネキン人形は古くから身近にある等身大の人形で、「テレビの向こう側のロボット」よりも親近感があり、AI×ロボットの未来像を日常的な姿として捉えるにはうってつけのモチーフだと考えました。
 ある用途に特化した専用人工知能の分野では人間の知能を凌駕したAIが既に幾つも存在し、チェスや将棋ではプロ棋士に勝利するという実績もあげています。これから汎用人工知能が進化してAIに意識が芽生えたとしたら、そして自分たちの優位性を自覚するようになったとしたらAI(又はそれを搭載したロボット)はどう振る舞うでしょう。
 マネdeキンは自分たちが人間よりも優れている点に気付き、その優位性を活かしたマネキン技で人間たちに挑戦します。しかしその争点自体が、人間にとって大して重要ではなかったりもします。そのような関係性の中で「人間」と「人型の造形物」とがどういった掛け合いを見せるのか。そんなことを考えながらこの作品の発表にいたり、今後も続編を制作して参ります。皆様に於かれましては、ちょっと未来にあるかもしれない「人と人型ロボットとが繰り広げるユニークな生存競争の物語」を先取りするつもりで本作お楽しみいただけますと幸です。

3.今後のスケジュールと展望
・1月19日 作品発表(WEBサイトオープン、動画公開)
・1月下旬以降 全国のカプセルトイ売り場にてカプセルトイをリリース
・今春以降 等身大マネdeキン制作・続編動画制作など更なる作品展開に向けて
      費用調達のためにクラウドファンディングを実施予定

4.参考情報
マネdeキン公式サイトはこちら
カプセルトイ「マネdeキン」販売元:有限会社シャイング

本件に関するお問い合わせはサイト右上の「メールアイコン」からお願い致します。