Concept
「暮らしのそこここに咲くチューの花」をコンセプトに、唇の生えた植物“Chu-Lip”と人々との交流を描くシリーズ作品です。
イラスト、ショートストーリー、プロダクトなど、様々なアプローチでChu-Lipのいる世界を描いていきます。制作:2012年 -

 2012年。唇の生えた新種の植物が発見された。発見者であり著名な植物学者・神田博士による、記録に残る最初のスケッチ。 神田博士により発表された花唇類、通称「Chu-Lip」の存在は学会を騒然とさせた。 神田博士による研究記録。花唇類には単子葉植物・双子葉植物の区分をまたいで多様な種が存在している可能性を指摘。 路傍で発見された花唇類ことChu-Lip。 「蝶々とはmouth to mouthでwin winの関係を築いているようだ」(神田) Chu-Lipの成長過程。発芽の段階から極小の唇を確認できる。 花弁‐ガク片を中心に見たサイエンティフィック・イラストレーション。 満月の宵にキスをする習性が確認されている。 新たに発見されたバラ科サクラ属に類似した花唇類。なぜ多様な生態系をもつ植物群が突如相次ぎ発見されるのか、謎は深まる。

Chu-Lip Pot /3,200円(税別)
唇が生えた植物“Chu-Lip”のツボミを象った器です。暮らしのそこここに咲くチューの花たちと、心ときめく日々をお楽しみください。
素材:白磁器(瀬戸焼) 産地:愛知県瀬戸市 販売開始:2013年03月

Chu-Lip Pot -Glossy Rouge-Chu-Lip Pot -Glossy Rouge-Chu-Lip Pot -Ceramic White-Chu-Lip Pot -Ceramic White-Chu-Lip Potパッケージ使用例使用例使用例使用例

Chu-Lip

ページトップへ